2つの思考傾向でわかる!簡単な診断テスト

Photo by Andres Ayrton on Pexels.com

こんなことがあったとします。

朝、出かけようとしたときに靴ひもが切れた!

その時…

「古くなったかな、気分を変えて、違う靴で出かけて新しい靴ひもを買って帰ろう」

「何か悪いことでもあるのかな…」

どちらでしょうか?

ちなみに今の僕は、後者です。(例えが悪いのかもしれませんが…ww)

上記のように同じ事象でも、考え方の癖(思考傾向)を通じて、気分や感情に大きな変化を与えます。

思考傾向診断テスト

それでは、ご自身がどのような傾向にあるのか見てみましょう!

①気に入っているマグカップにひび割れが?!

 A 仕方ないから、新しいのを買おう ・ B 急に割れるなんて…不吉だ

②占いの結果が最下位?!

 A たかが占い、気にしない ・ B 何かあったら嫌だな、うちで過ごそう

③傘を使おうとしたら、傘の骨が折れてる?!

 A 壊れてるなら、違う傘で行こう ・ B どうして壊れたんだろう、へこむなぁ

④仕事でミスをした

 A 人間のすることだから、ミスもある ・ B なんてダメなんだ

⑤友達に誘いを断られた

 A また今度誘ってみよう ・ B なんかしたかな??

AとB、いくつあてはまりましたか?

診断結果

テスト内容でどのようなことを診断しているのかは、なんとなくわかりそうかと思いますが…(笑)しかし、両者には良い面と悪い面があります。良し悪しを客観的に理解しておくことが大事です。

①Aが多かった

 「プラス思考タイプ」です。

・気分転換が上手 ・前向きに考えることができる ・ストレスが溜まりにくい

その反面…あまりにその傾向が強い場合(すべてAなど)

・熟慮せずに行動してしまう ・軽率な言動が失敗や反感を買う

こともあります。

そのときは、一度立ち止まって、他社の意見を聞いてみたりすることも大切です。

②Bが多かった

 「マイナス思考傾向タイプ」です。

・クヨクヨ悩んでしまう ・自分の殻に閉じこもる ・つい悪い方向に考える

・自分の考えに苦しんでしまう ・何でもない情報でも悪くとらえてしまう

その反面…

・慎重ゆえに人にだまされたりすることが少ない ・敏感に周囲を見渡せる

・物事を注意深く進めることができる

など、良い点もあります。

AとBがどちら3つ選んだ方は、バランスが取れており、自身で精神的な安定を取り戻すことのできる方です。

マイナス思考とは、一般的に良い評価をうけませんが、自分がそうであると客観的に理解することで、考え込んでしまいそうなときには、多少の思い切りで、

「まあ、いっか!」

すごく大事だと思います!

この機会に、自分にあった気分転換の方法を考えてみましょう!







コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。